腕時計売るならどこがおすすめ!?【2017年版】一番高く売れる方法はコレだ!腕時計買取ランキング

偽物のG-SHOCK(Gショック)の見分け方

ブランド時計を売るならKOMEHYO(コメ兵)がおすすめ!

 

 KOMEHYO時計買取

 

KOMEHYO(コメ兵)は創業70周年、上場している安心と信頼のあるリユースブランドショップになります。

 

ブランド品から時計はもちろん、洋服や宝石など幅広くお取扱いがあります。

 

LINE査定もできますので、気軽にお問い合わせしてみてください。

 

KOMEHYO時計買取はこちら>>

 


 

 G-SHOCKは比較的偽物が少ないと言われていますが、そんなことはありません。

 

一目で偽物とわかる粗悪な偽物から見分けがつきにくいスーパーコピー品まで、色々な偽物が出回っています。

 

こちらではG-SHOCKの本物と偽物の見分け方をご紹介いたしますので、偽物に騙されないように参考にしてくださいね。

 

 

G-SHOCKの偽物とは?

 

 G-SHOCKの偽物で多いのは、人気のコラボモデル、カスタムモデル、限定品です。

 

例えば「A BATHING APEコラボモデルDW-6900」、「スワロフスキーをカスタムしたモデル」など。

 

これらはG-SHOCKコレクターからの人気が高く高額で取引されることが多いため、偽物が多く出回っているのです。

 

店頭で偽物が販売されることは少ないのですが、ネットオークションやネットショップでは激安価格で偽物のG-SHOCKが販売されていることがあります。

 

 偽物というよりも模倣品でA-SHOCK、B-SHOCK…といったものが登場したこともあります。

 

ちなみにG-SHOCKを販売するカシオでは、偽物や模倣品対策としてA〜Z-SHOCKまで商標登録したそうですが、そうなるとBB-SHOCKやGウォッチといった模倣品が出回る自体に。

 

これらは一目でG-SHOCKではないと判断できますし、見た目も安っぽいです。

 

 希少な人気モデルなのに安すぎると思った場合は、一旦購入を思いとどまっていただくことをおすすめします。

 

一応安く本物が販売されている可能性も否定できませんので、商品の詳細、商品画像、販売元をよく確認してから、再度購入を検討しましょう。

 

ただしネット販売はリスクがあることをお忘れなく。

 

 偽物を販売することは法律に反することです。

 

そのため購入したG-SHOCKが偽物だとわかった場合は、すぐに返品・返金してもらう手続きをしましょう。

 

 

G-SHOCKの偽物の見分け方

 

・重量が違う!

 

例えば「DW-6900」の場合、本物は60g以上ありますが以前販売されていた偽物は50g以下でした。

 

・G-SHOCKのロゴが違う!

 

ロゴの文字の間隔や刻印の深さが異なることがあります。

 

・シリアルナンバーの施し方が違う!

 

本物はしっかりと刻印されているのに、偽物はプリントのように刻印が浅くつぶれていることも。

 

・操作方法が違う!

 

時刻に合わせ方、照明のつけ方の操作が本物と偽物とでは違うことがあります。

 

・全体の見た目が違う!

 

液晶画面や使用している素材など、部分ごとに比べてみると本物と偽物とでは見た目が違います。